PLDDの治療で痛みにサヨナラ|早めの治療で快適な生活を送ろう

看護師

腰に痛みを感じたら

看護師

腰痛の主な原因は姿勢の悪さや腰に負担をかけ続けていることなどです。腰椎や内臓の疾患で痛みが現れることもあります。慢性的な腰痛を改善するためには整体やマッサージなどが効果的と言われており、需要も高くなっています。

もっと読む

腰の痛みをとるために

男性

日本人の多くの方が抱える悩みとして腰痛があります。同じ姿勢を長時間したり、腰に大きな負担をかけることが原因でなりやすくなります。改善するためには、血行を良くしたりストレッチして自分で試みてみたり、マッサージや病院に通うなどの方法があります。

もっと読む

椎間板ヘルニアの治療

女性

回復が早く傷痕も小さい

PLDD(percutaneous Laser Disc Decompression)は、レーザーを使用した椎間板ヘルニアの治療方法のことです。手術以外の治療で効果があまり出なかった方に行われるもので、治療の成績はとても良好だといわれています。傷痕の範囲が針の穴くらいで治療の最中も終えた後も傷痕が目立たないので、体に傷が残ることを気にしやすい女性にも問題がないものです。二日の短期入院が必要になりますが、回復が早いので日常生活に戻ったり仕事への復帰が早くできます。傷痕は目立たず、回復が早いので、仕事がある方や早く家に帰りたい方が特に注目する治療方法です。早く復帰や帰宅をしたい気持ちがなくても、治療を早く終えられるのは魅力的なことだと思います。

治療後も気を付けて

PLDDで効果が出なかった場合には、一ヶ月後くらいにもう一度PLDDを行うことがあります。1回目で効果が出なくても、2回目で効果で出ることが多くあるそうです。治療をする日には、注射や点滴などで事前準備を行ってから治療をします。その後に病室へ行き、3時間くらいは安静にしている必要があります。日常生活に戻ることができるのは治療してから1週間後になりますが、1週間経って許可が出たからといって油断は禁物です。症状が悪化してしまう可能性はあるので、外出の予定などは控えた方が良いとされます。また、PLDDには健康保険が非対応です。治療費や入院費などがかかるので、事前に自分が加入している保険の内容を確認すると良いと思います。