PLDDの治療で痛みにサヨナラ|早めの治療で快適な生活を送ろう

患者

痛みを治す

病院

治す時の注意として

若い人から高齢者まで幅広く起こると言われるぎっくり腰ですが、ぎっくり腰による腰痛の治療の基本としては、「安静」が一番だと言われています。しかし、安静にし過ぎるのも他の筋肉の低下に繋がるので、注意が必要だと言えます。ぎっくり腰の治療での「安静」は、症状が軽くなり、動けるようになれば逆に動いた方が良いという事が分かっており、動けるようになったら、軽い運動から始めるようにしていく事が大切です。また、高齢者である場合には、加齢による筋肉や骨の劣化を始め、骨粗しょう症による腰痛や、他の病気の症状として起こる腰痛もあるので、他の病気が原因となっているのであれば、その病気を治療しなければ治ることはありません。

どこで治すのが良いのか

ぎっくり腰や慢性的な腰痛による治療を受ける場合には、大きな病院や接骨院を受診する方が確実だと言われています。その理由としては、病院や接骨院では、確実に保険が適用され、鍼久のような抵抗のある治療や整体のように資格を持っていない医師に会う可能性が高くなるといった事が無いからだと言えます。また、病院では、他の腫瘍や病気なども診察によって発見出来る事もあるため、悪性腫瘍や命に関わる病気の早期発見が出来るというメリットがあり、接骨院では治療費が安く抑えられ、スピーディーな治療が受けられるため、忙しい人でもすぐに受けられるといったメリットがあります。腰痛の治療を受ける際には、病院選びをする事も大切だと言えます。