PLDDの治療で痛みにサヨナラ|早めの治療で快適な生活を送ろう

患者

腰に痛みを感じたら

看護師

原因と特徴

多くの人が悩まされている腰痛は、人それぞれ原因や症状の強さが異なります。そのため、人それぞれ治療法も異なります。原因がはっきりしないまま治療を行っても、思うように改善が見られない場合も少なくありません。腰痛が起こる最も一般的な原因は、姿勢の悪さや腰に負担をかけるような仕事や作業にあります。また、慢性と急性があり、姿勢の悪さや繰り返し腰に負担をかけることによって起こるのが慢性、ぎっくり腰や事故などで起こるものが急性となります。ぎっくり腰の場合は、日ごろから腰に負担をかけていた人が、些細なことがきっかけとなって発生するものなので、根本的には慢性腰痛とも言えます。急性腰痛の場合、かなり激しい痛みを伴うことがあるため、歩行困難になることもしばしばあります。

需要の高い治療方法

腰椎の疾患や内臓の疾患などによって腰痛が引き起こされることがあります。そういった場合には、それらの疾患を治療することで痛みが改善されます。しかし、多くの腰痛は腰の筋肉の張りなどが原因となっているため、筋肉の緊張を和らげたり、姿勢の改善を行うのが良いとされています。腰痛改善方法として最も需要があるのが、整体やマッサージなどです。整体では主に姿勢の改善や骨の調整を行います。マッサージでは筋肉の緊張をほぐし、コリや痛みを和らげます。これらの方法はある程度即効性もあり、精神的にもリラックスできるため、多くの人が利用しています。ただし、自身の腰痛が疾患によるものか、それとも筋肉によるものかはなかなか判断が難しいものです。素人が自己判断をしてしまうと、重大な病気を一定期間放置してしまう可能性もないとは言い切れません。また、本来は治せた症状を悪化させてしまい、完治が難しくなってしまうケースなども十分あり得るのです。そういったトラブルを防ぐためには、早めに医療機関で診察を受けることが一番重要です。まずは医師に腰の状態を見てもらい、何が原因で腰痛が生じているのか見極めてもらいましょう。