PLDDの治療で痛みにサヨナラ|早めの治療で快適な生活を送ろう

患者

腰の痛みをとるために

男性

多くの方が抱える悩み

腰痛は肩こりと並んで、日本人の多くの方が抱えている悩みです。痛みがあるうちなら、まだましでぎっくり腰になってしまうと立ち上がることさえできなくなってしまいます。腰痛の原因は多くありますが、同じ姿勢を長時間していたり、腰に負担をかける姿勢をしたりすることでなりやすくなります。立ちっぱなしの仕事や、デスクワークばかりの仕事だと、同じ姿勢を長時間するため、腰痛になりやすいです。また、バックを同じ方にばかりかけて歩く方も、姿勢が悪くなりやすく歪みが生じやすくそのため痛みが出やすい傾向にあります。また、重い荷物を継続的に持つ仕事をしていると、重い荷物で腰に負荷がかかるため、腰痛だけでなくぎっくり腰にもなりやすい傾向にあります。

痛みをとる方法

腰痛になってしまうと、痛みを伴うだけでなく、歩くのが遅くなったり、生活にも影響が出ます。また、腰をかばうため足などに負担がかかり、腰の次は足に痛みが出てしまう可能性もあります。そのため早めに改善することが大切です。長時間同じ姿勢をしている方は、筋肉が同じ姿勢で固まって血行が悪くなっている可能性があります。お風呂に入り血行を良くし、ストレッチをして筋肉を柔らかくすることで痛みが改善されることがあります。なかなか改善されない時は、整体にマッサージに行ってみるのも一つの方法です。その他に整形外科を受診してみるのも一つの方法です。マッサージなどをしても改善されないときは、骨が歪んでしまいヘルニアなどになっている可能性もあります。あまりにひどい痛みの時は、ブロック注射などの処置をしてくれます。腰痛を改善する治療方法として注射だけでなく、手術もありますのでどのような治療が自分に適しているのか、調べておくと良いでしょう。